笑顔先生と松葉ずもう

2008年05月08日

朝の自由あそびの時間

1ce38521.JPGこんな会話がきこえてきました

A:ぼく"A"
  なまえおしえて?
B:"B"
A:いくつ?ぼく5さい
B:4さい
A:じゃあ ぼくおにいさんだ
B:うん
A:これ のぼろう

Aくんはのぼり棒をのぼってみる
Bくんののぼろうとこころみる

何気ない場面だけで
子ども同士でこんな会話ができ
あそびが発展していくんですね

大人が「これやってみよう」と言っても
なかなかやらない
でも今できたばかりの友だちにさそわれ
やってみようとする気持ちが生まれる

大きい小さいということも関係なく
素直に物事を受け入れられる力が
子どもの世界にはあるのですね

共に育ち合う―この言葉がふとうかんできました

ohisama_kids at 18:07│園生活のひとこま 
笑顔先生と松葉ずもう