畑のおじさんへお礼をしに・・・迷路づくり

2020年11月17日

くじら公園に行きました

秋晴れが続き、気持ちの良い毎日ですね。


今日は年中さんがくじら公園にあそびに行きました!
くじら公園までは今まで遊んでいた隣の公園よりかなり距離があります。
おまけに大きい道路や交差点もあり、道を歩く時の約束事をしっかりと確認してから出発しました。

年少さんに見送られて出発した子どもたち、
「お天気いいね〜!!」
「たのしいね〜!!」と歩いているだけで楽しそうでしたよ。
R0004101
IMG_2031

R0004104R0004103





横断歩道もドキドキしながらでしたが、先生の話をよく聞いて渡ることが出来ました。


長く歩いたので疲れたかな?と思いましたがそんな心配をよそに子どもたちは元気いっぱい!
くじら公園は紅葉している木もあり、秋の匂いでいっぱいでした。

IMG_2035
IMG_2036IMG_2038

IMG_2045R0004106






プレイパークが開催されていたので、竹林にも入ることが出来ました。
長い竹のすべり台があり、みんな大喜び!


R0004134
R0004116
IMG_2050


このすべり台を作った方がたまたまそこに居合わせて子どもたちを一緒に見守っていてくださり、その方との子どもたちが盛り上がっているので耳を傾けてみると、、、

お兄さん「これ僕が作ったんだよ〜」
子ども「え?!作ったってどういうこと?!」
お兄さん「竹切ってきて作ったの」
子ども「え〜〜!!すっげぇ!」
お兄さん「園長先生につくってもらいなよ〜」
子ども「ひとみ先生が〜?!?!できないよ〜!!運転手さんならできるかな〜」
子ども「オレも手伝えばひとみ先生と作れるよ〜」

なんて会話をしていました。
”作った”と聞いた時の子どもたちの目の輝きといったら!
園庭の遊具もそうですが、いつも遊んでいるものも作ってくれた人がいるという事を知る機会があるのは子どもたちにとっても嬉しい事ですね。




上の方はかなりの崖になっていましたが、果敢に登っていく子が沢山いました。

R0004124R0004122

R0004121R0004120

R0004118R0004117


体も大きくなってきて、どんどん登っていくみんなの後ろ姿がとてもたくましく見えました。
登っては滑り落ち、下唇をかみしめたりちょっと涙ぐみながら頑張る子もいました。
上に来ると景色いいよ〜!!!やっほ〜!!ととても嬉しそうでしたよ。

中には「こわいから行かない」という子もいました。「危ないからやめておく」という判断が自分で出来るようになったのも大きな成長ですね。

帰りのバスで
「竹さん、あんなに倒れながら僕たちの為に、、ありがとう、、」
なんてつぶやく子がいて思わず顔がほころんでしまいました。
子どもの世界観って本当に優しさにあふれていますよね。

またみんなで行こうね!と大満足の子どもたちでした。







ohisama_kids at 16:17│年中 | 園外保育
畑のおじさんへお礼をしに・・・迷路づくり