年長 町探検12月になり…

2019年12月02日

クリスマス役決め

クリスマスページェントの役が決まって本格的に練習が始まりました。
役が決まるまでの道のりをお伝えしますね。
クラスの中で「おおきなかぶ」の劇を日常でやるなかで役決めの経験を積んできました。
決めや方もジャンケンだけでなく、色んな種類のくじや、話し合いなど決めるための手立ても伝えるようにしてからのページェント役決めでした。

自分たちでやりたい役をマグネットボードに貼ってみんなで見れるようにしていました。1週間は変えてもいいよと伝えていました。
CIMG7132CIMG7133

登園してくると、まずマグネットを見て考える。毎日やりたい役が変わる子、やりたい役を決めて一途に変わらない子。人数が多いから確実になれそうな役に変わる子。友だちと一緒にやりたい役を相談した子。どの子どもも役に対して真剣に悩んで決めていました。時間をかけることで自分がどうしたいかを考えていく様子がありました。


一週間が過ぎて、ようやく自分のやりたい役が決まりました。人数を超えてしまった役は、星、マリア、博士でした。実際にやってみよう!ということになり、ホールにてそれぞれの役をステージでやってみました。やってみて気持ちが変わった子もいました。やっぱり歌を歌いたい!と感じたり、友だちと一緒の役になりたいと感じたり、それぞれの気持ちを聞いて、最終決定した結果、星(二人)・マリア(二人)・ヨセフ(二人)・博士(7人)が残りました。「どんな決め方でもいいよ。自分たちで決めてね。」私たちはそう言って子どもたちを見守りました。じゃんけんにする子、話し合いを試みる子、くじ引きをする子、こうして、それぞれ自分たちが納得がいくような決め方で役が決まりました。自分の役になれなかった子が「がんばってね」とエールを送る姿もあって・・・
その様子を見守った私たちは感動していました。自分たちで役が決められるなんて・・・ほんとに大きくなりました。
CIMG7167CIMG7161

CIMG7162




クリスマスページェントは、マタイによる福音書とルカによる福音書の降誕場面を一緒にしています。クリスマスページェントをすることは礼拝と同じなのです。主役はイエス・キリストであり、マリア・ヨセフ・羊飼い・3人の博士もイエス様のお誕生のための脇役にすぎません。聖歌隊はルカによる福音書で羊飼いに語りかけた天使がモデルで重要な役割です。それぞれの役割が一体となって、共にイエス・キリストのお祝いをするのです。共にとは、イエス・キリストの前では全員が脇役で協力し合って作り上げるのです。それが、素晴らしいものであれば、神様に栄光をお返しすることになるのです。
教会の牧師さんが、こんな話しを聞かせてくれました。本当にそうですね。ページェントの練習ではなく、常に神様に捧げる礼拝であることを忘れずに望んでいこうと思います。
DSCN8800DSCN8798


ohisama_kids at 18:35│年長 
年長 町探検12月になり…